HOME > 交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われた方へ
誰にでも遭遇する可能性があるのが交通事故です。

交通事故にあったらどうしたらいい?

状況にもよりますが、まず警察に連絡をして下さい。
そして相手(加害者)の連絡先(名前・免許証番号・電話番号など)、自賠責保険の番号を確認、記録します。

警察で事故証明などをもらいます。

病院・整形外科など医療機関でケガの状態を診てもらい、「レントゲン写真」と「診断書」を受け取ります。

その後の手続き
受付

「レントゲン写真」「診断書」をご持参の上、当院へのお越しください。
交通事故の場合、事務的な扱いが一般とは異なります。

受付で、「交通事故で受診したい」とお申し出ください。

病院・整形外科と同時に通院されることも、転院されることも可能です。

なお、直接当院にお越しいただいても問題ございません。
病院や整形外科をご紹介させていただきます。

事故で通院される患者さまに多いお悩み

一番は、ご自身の状態が把握できていないことだと感じます。
それは、腫れや打撲の跡も消え、目に見えるダメージがなくなった時期に多く見られます。
動くと感じる痛みや、ムチ打ち症などのスッキリしない状態を体感して、「これからどうなるの?」という不安が大きく関係しているのだと感じています。

他にも保険関連の問題も大きなストレスでしょう。
ご家族はもちろん、回復に関しては最大限サポートさせていただきますので、どうぞご相談ください。

事故で保険会社とのやりとりはどうしたらいいの?

書類関連のことなど、適切なアドバイスをさせていただいています。
どんな患者さまにも申し上げているのが「治ったかそうでないかを決めるのは患者さま自身」だということ。
保険会社でもなければ、加害者の方でもありません。

回復までの時間は個人差があり、ご本人でもわからないことがあります。
どうぞ「きちんと治してください」ということです。

当院の交通事故治療

治療器

当院では、スポーツコンディショニングで培った手技や施術で対応しています。

そのほか微弱電流治療、運動治療など項目は大きくは変わりません。
しかし、ケガの様子や回復度、患者さまのご希望に合わせてそれらの組み合わせを変えたりして、早期の回復を目指しています。