HOME > スポーツコンディショニング

当院のスポーツコンディショニング

スポーツコンディショニング
2012年の岐阜県清流国体を通して知った、現代のスポーツを取り巻くサポート環境

私が担当したのは、岐阜県の相撲チームのコンディショニングサポートでした。
岐阜県チームは素晴らしい体躯の選手ばかりで、中には150kg以上ある選手もいらっしゃいました。
開会前の練習期間からサポートに入りましたが、どの選手も、稽古中に負った小さなケガや筋肉痛を気にしていました。

相撲は選手同士が体をぶつけあう勇ましいスポーツです。
しかし、その激しさから少しのケガが命取りになる危険性があるのです。
私は、選手の皆さんの気になる部分や痛みがある箇所に、手技や微弱電流機器を駆使しコンディショニングしましたが、その中でお聞きしたのは「10ある痛みが3まで減らせることができれば、稽古もスムーズになる。そのことでさらにケガを減らせる」との言葉でした。

どんなスポーツ選手でも、ケガを気にせずに練習ができることは何よりのことです。
そして練習で培った技術は、より正確で美しく、しかも安全性の高いパフォーマンスを見せてくれます。
スポーツコンディショニングは、それらを支える新しい分野だと実感しました。
おかげさまで、担当したその相撲チームは3位入賞。
今までの最高成績だったことは、私にとっても実りのあるサポートでした。

こうした体験の中から、スポーツコンディショニングの役割のひとつに、スポーツで受けた負担を早く減らすことがあります。
それは、その後のケガや不調のリスクが低減する効果も期待できます。

どのような治療か?

患者さんの痛みや筋肉の疲労・負傷状況によります。
基本的に手技や立体動態波やハイボルテージ、マイクロカレント波などの物理療法を中心に、より丁寧にコンディショニングしています。

いつでも最高のパフォーマンスで挑めるよう、
個々のアスリートの方の状況や体調に合わせています。

どういうときに行うか?

治療風景

たとえば、以前はケガをしないように運動の前の準備として「ウォーミングアップ」をすることが常でした。
しかし現在は、試合などの前は立体動態波やハイボルテージ、マイクロカレント波などの物理療法で筋肉を刺激します。
これで試合がスタートする頃に、最高のパフォーマンスが実現できるようになります。

当院では大事な試合や大会が近く体のコンディションを整えたい方も受付けております。

大事な試合を悔いの残らないよう
体調を万全に備えて挑めるようお手伝いさせて頂きます。

練習や試合後の体調管理

練習や試合で酷使した筋肉や腱などの疲れや痛み、同じスポーツを長く続けたために起こる痛みや障害など、スポーツには知らないうちに体に負担をかけるといった、あまりよくない面もあるのです。

この「スポーツが体にかけた負担」を、リハビリの専門家としての知識と培った技術で取り除き、体を以前よりもよい状態へ早く回復させるという考え方。
これが、ふるさわ接骨院が考える「スポーツコンディショニング」です。

「予防は最善の治療」

スポーツコンディショニングを受けていただくことは、アスリートしての寿命を長く保つためにも大切なのです。

練習や試合の後は、これも微弱電流などを用いた電子機器で、筋肉を科学的に緩め、体内の調子を整えておくことで、次の日のパフォーマンス力を上げるなどのコンディショニングを施します。