HOME > スポーツ別メニュー

スポーツ別メニュー

スポーツ別メニュー
スポーツをしていて痛みや不調を感じる。その原因の多くは、筋肉やじん帯などの使い過ぎによるバランスの崩れです。

当院では、手技を中心に、立体動態波やハイボルテージ、マイクロカレント波などの物理療法、運動療法などを施し、筋肉や腱の緊張を奥からほぐすことからはじめます。
これらの施術内容の組み合わせを調整するため、通院ごとに痛みなどが出ている箇所の稼動域を確認します。

症状の変化を直接診ていると、人の体ははっきりとした変化のサインを出してきます。
このサインを見つけるタイミングを活かすためにも、痛み・重さ・だるさなどを感じる間は、根気強く通院を重ねていただければと思います。

また、同じ動きを繰り返す(テニス・ゴルフなどの)スポーツは、どうしても楽に動ける方向が決まってしまいます。そのことが体に負担をかけることが多いので、ストレッチをすることで緩和が期待できます。

サッカー

ひざの治療
足首・ひざ・腰などが、施術対象になる方が多いです。

特に足首の捻挫は多く何度も捻挫することでくせになってしまいますので、しっかり施術を行うことをお勧めします。

また、サッカースパイクは地面の接地面が少なく足首を捻りやすくなりますので
日々のメンテナンスや運動前のストレッチで充分に足首を伸ばしておくことで予防に繋がります。

野球

ひじの治療
ひじ(小学生)・ひじと肩(小・中学生)、肩(高校生)などが多く見られます。
超音波エコーで画像確認し症状を確認し、痛みを和らげるように施術を行います。

野球では同じ動作やフォームの繰り返しで痛みが発生する場合もございます。
同じ動作やフォームの繰り返しで体のバランスが崩れてしまっている恐れもございます。

他にも肩・肘・膝など使い過ぎてしまう部位が多い競技です。
症状が出る前に、スポーツコンディショニングを受けることをおすすめしています。

バレーボール・バスケットボール

突き指・捻挫・打撲などが主です。

ジャンプを多くするスポーツなので膝やふくらはぎ、足首にも負担がかかります。
特にふくらはぎは、筋肉の中側と外側のバランスが悪くなり、痛みが出やすいところです。
微弱電流と超音波治療で奥の方から緩めていきます。

ジョギング・ウォーキング・トレッキング

最近のジョギングブームによりいきなり運動を始める方が多くなっております。

走っていて膝に違和感や痛くなってきましたらゆっくり歩きしばらく安静にしましょう。
痛みがない場合でも大事をとって休むのが重要です。

無理をしてジョギングを再開しますとより重傷なケガになる場合もございます。

だんだん慣れてきますと違和感や痛みもなくなり、筋力がついてきて筋力不足の解消に繋がります。


使い過ぎ(加齢も含む)による、じん帯とひざ(膝蓋)を引っ張る腱などの強度バランスが崩れる症状がよく見られます。

ゴルフ

腰の治療
ゴルフは年齢層は広く、激しい動きを行わない為に生涯やられる方も多いスポーツです。
その為に、久しぶりにゴルフをして腰を痛めてしまった方が多くいらっしゃいます。

間違ったフォームやスイングで無理やり打ってしまうと故障してしまいます。

比較的高齢の方も行えるスポーツなのでしっかり準備運動などでしっかり体をほぐしてゴルフのラウンドを楽しんで下さい。

また、当院では土曜日午前も診療をおこなっておりますので、ゴルフ前のコンディショニングも受付けております。
お気軽にご来院下さい。

その他のスポーツ

アクアビクスで、水圧によってひじを痛める方が増えています。