ふるさわ接骨院 ブログ

2013年8月19日 月曜日

2人に1人

 
野球をする子供の2人に1人はボールを投げる側の肘に何らかの異常がある。

と、徳島大学の医学部が発表しています。

これは徳島県のある少年野球大会に出場する全てのチームの全ての野球少年に対して行われました。
超音波画像観察装置(エコー)により普段ボールを投げる側の肘とそうでない側の肘を見比べるという方法で行われました。
エコーにより軟骨の状態、周りの靭帯、筋肉の状態などを比べた場合、軟骨部分の厚さが違ったり、靭帯の太さが違ったり、炎症症状が見て取れる所見のあった子供たちが2人に1人だったということです。

そういう子供たちの肘に痛みはあるか?

というと、彼らには何も異常は感じていない場合が多いようです。
肘という関節は痛みや異常が感じられたりする場合、すでに症状がある程度進んだ状態の場合が多いです。

当院でも以前、野球大好き、プロ野球選手になりたいという少年が、整形外科で離断性骨軟骨炎といわれ名古屋の有名某スポーツクリニックで手術するか、という状態でした。
その少年は名古屋のクリニックに月に一度通いながら、当院での施術を受け、手術は様子を見て行う事になりました。
結局、時間はかかりましたが手術をしないで、今は元気にボーイズチームで頑張ってくれています。

肘は痛みがなくても、定期的にチェックを受けることがよいと思われます。

おそらく、野球に限らず、ソフトボール、バレーボール、テニスなど肘に反復的に負担をかける頻度の高いスポーツの指導者の方、ご両親は注意してあげて下さい

ふるさわ接骨院
岐阜県安八郡安八町東結225-1
0584-62-3941

投稿者 院長 | 記事URL

2013年8月 5日 月曜日

野菜はいかがですか?~

当院は県道に面してはいますが、のどかな田園?
まあ、田んぼの真ん中にあります。

患者様の半分くらいの方は田んぼや畑をやってみえます。
この時期やってみえる方のありがたい悩みは野菜が一斉にできすぎる事!
それで必然的に当院にお持ち下さいます。ありがとうございます。
そうすると院長には野菜の斡旋という大切な使命が生まれます。
野菜の斡旋業者(?)に変わります。

野菜を作ってみえないご婦人方にとっては大変喜ばれます。買わないで新鮮な野菜が手に入りますから。
でも、あまり続いたり、沢山あると大変なのです。

せっかく新鮮なお野菜を頂いているので、鮮度が高くて美味しい早い時期にお渡ししないと、頂いた方に申し訳ない!
気の小さい院長はあせります。(;´・ω・)

もし、患者様の中で野菜を貰って下さる方みえまししたら、当院にお越しの際院長に「ブログ読んだよ。野菜いただいてもいいよ」
と、お伝えください。もし、恥ずかしいなぁ~という方メールでも結構です。

優先的にご連絡させて頂きます。(よろしくお願いしま~す)
あつ、でも、頂いた時に限りますので、それ以外の時はごめんなさい<m(__)m>


ふるさわ接骨院
岐阜県安八郡安八町東結225−1
0584-62-3941

投稿者 院長 | 記事URL

2013年8月 4日 日曜日

甲子園出場おめでとう!

夏の甲子園に愛知県代表として出場する愛工大名電高校の皆さん、おめでとうございます。
そのチームの中に小学生の頃から当院に来ててくれたW君がいます。
W君本当によかったね。おめでとう。
2日金曜日の夜、甲子園に向かう前の最後の帰宅の際に、途中にわざわざ寄って挨拶にきてくれました。
少ししか話は出来なかったけど、チーム内の競争も厳しく、三年生がベンチ内に6人しか残れない中、その中の1人によく残ってくれました。
予選でも打撃で活躍しててくれて、とても頼もしい存在でした。
途中、コンディションがよくない時期もあったようだけど、予選でのプレーする姿を見て安心しました。
このままの調子を維持しながら、甲子園でも活躍を期待しています。
頑張れ愛工大名電高校!頑張れW君!
甲子園に応援に行くからね!!!

投稿者 院長 | 記事URL